ご挨拶:全国生活支援サービス協会 | てくてる倶楽部 設立の想い

団塊の世代が75歳以上になる2025年には、日本の65歳以上の人口は3,600万人(全人口の30%)に達します。
 そのような超高齢化社会を迎え、ますます単独高齢世帯の増大も考えられており、厚生労働省は(団塊の世代が75歳以上になる)2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・生活支援を前提に、介護・医療・予防という専門サービスが連携して在宅生活を支える「地域包括ケアシステム」の構築を目指しています。
 これは介護保険制度だけに頼らない仕組みであり、それぞれの地域に応じて自助・互助・共助・公助が適切に組み合わせることが必要になってきます。
 また一方では、親が介護の必要な状態になったとき、仕事と介護を両立できず仕事を辞めざるを得ない、いわゆる「介護離職」という社会問題があります。
政府も「介護離職ゼロ」を目指すという目標を掲げ、家族が介護の必要な状態になったとしても働き続けられる体制をつくろうとしていますが、それを実現するためには介護保険制度だけでは、とてもまかないきれないのが現状です。
 介護保険では対応しきれない様々なニーズに柔軟に応え、要介護や要支援の認定の有無にかかわらず、高齢者やそのご家族様の生活も支えるといったサービスが求められるのです。
また、厚生労働省の試算では、2025年度には37.7万人の介護職員が不足すると発表しており、介護サービスの需要に対して供給が追い付かなくなることは明白です。
これら様々な問題を解決するために私どもでは、全国生活支援サービス協会を設立し、それぞれの地域で、自助・互助・共助・公助が適切に組み合わせることができる仕組みづくりをするべく、「てくてる倶楽部」の運営を開始いたしました。

   :全国生活支援サービス協会 | てくてる倶楽部 の目指すもの

 今後、この「てくてる倶楽部」の運営を基軸にして、高齢者が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、
 ①高齢者の生活支援
 ②子育て世代の就労支援
 ③地域事業者の販売促進
を組み合わせながら、各種専門サービスが連携して在宅生活を支える「地域包括ケアシステム」を支える社会資源の一つとして、その一役を担えるような存在となれるよう努力して参ります。

協会概要

運 営 全国生活支援サービス協会(L.i.S.S.S | Japan Life Support Service Society.)
協会オフィシャルサイト 
 <ECOINC (エコインク) | Ehime Consalge Of Intelligence Network Community>
    (愛媛コンサルジュ・オブ・インテリジェンス・ネットワーク・コミュニティ)
代表者 佐 藤 順 子
設 立 平成28年12月8日
主事業 1).高齢者の日常生活支援および充実生活支援のサービスと、子育て世代の就労支援のサービスを組み合わせることにより、高齢者の介護予防の実現および地域の自助互助体制の構築に貢献することを目的とする。
2).高齢者のより豊かな生活を送るための情報およびサービスを提供することと、その地域で事業を運営する店舗および施設等の販売促進をつなげることにより、地域の活性化に貢献することを目的とする。
住 所 〒791-8025 愛媛県松山市衣山5-1535-14
電 話 089-904-1102
メール info@teqtel.club